「ホテル・ムンバイ」

2008年にインドで実際に起こった事件を元にしているそうです。

駅や町中、ホテルで同時に起こるテロ。
まるで、その場にいるような緊張感で、最後まで目が離せなかったです。
主な場面はインドの最高級ホテルの中、お客or従業員の目線で見るので、テロリストの若者は怖ろしい、出会ってしまったら即撃ち殺されるという恐怖。
その中でホテルの従業員たちが身を挺してお客を守ろうとする・・・その勇気はいったいどこから?それを知りたい、伝えたいというのが、この映画を作ろうとした監督の思いだったそうです。

そして・・・この映画には、テロリストの少年たちの決意と揺らぎのようなものも垣間見える。どうしてそこまで・・・という思いもふっと沸き上がる。

この高級ホテルに宿泊するお金持ちと、多分そこで出される食べ物など一生涯口にすることができないであろう犯人たち。
この少年たちを殺しても、きっと問題は解決しないだろうな・・・という気持ちも残ります。
たった10年ちょっと前のできごと。今もなおそういう世界の中に生きているのだと思い知らされます。

すごい映画でした。見終わったあともドキドキしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。