「北岳山小屋物語」

きのう、きららの本屋さん「清文堂」で買ってき(てもらい)ました。
楽しみです!

もう〇十年前ですが、一度だけでも北岳に登れて良かったな~!と、樋口さんの多くの本を読むたびに思います。
八本歯のコルから北岳山荘のテント場についたときには、もう夕方で息も絶え絶え。次の日に山頂まで行きました。
その時の記憶が、もうかなりあやふやとはいえ、本を読むたびに蘇り本の中に書かれている情景が浮かび上がります。

今の体力・脚力ではもう一度、北岳まで登るのはムズカシイと思われますが、白根御池小屋まで行って、そこで樋口さんの本を買う、というのはどうだろう?・・・密(ひそか)な夢です♪

もしも御池小屋まで行くことができたら、「隣接する警備派出所」を探してしまいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。