ドイツ国際平和村のこどもたちへ!

えほん村が主催するイベント「愛を詩う~小さな愛から大きな平和へ~」に行ってきました。
会場は甲府の県立文学館です。
いつもは八ケ岳の小さな美術館やペンション等の会場で行われているイベントに参加することが多いので、その大きさと立派さに圧倒されます。(すっかり田舎暮らしが板についた・・・)
ちょうど1年前に行われた第1回は「アートレジスタンス展」の一環と思っていたので、今年も行われるとはつい最近まで知りませんでした。
そして今回はっきり自覚?したのはえほん村のメッセージにあるようにこのイベントは、ドイツ国際平和村で治療をまっている世界の紛争、戦争、天災で傷ついた子ども達に当日募金で集められた基金を送るチャリティコンサートだ、ということです。

ドイツ国際平和村は「世界ウルルン滞在記」という番組や「通販生活」という雑誌でも取り上げられたことがあるそうですが、私はほとんど知らなかったです。
ドイツ市民の手によって自国では治療できない子どもたちのために1967年に設立されたそうです。 (お金や人手はこういうところに使いたい・・・豪雪地方の方たちにも・・・)

 コンサートは、リードオルガンのなつかしい響きで始まり、絵本の朗読や、ブラックシアター、ペープサート、かよちゃん劇場のかよちゃんの素語り、篠笛と美しい合唱、手遊び等盛だくさん。手作りの素朴な暖かさを感じるイベントでした。 

この記事をくまぶろにトラックバックさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA