鏝絵のルーツ松崎

1月に下見をした鏝絵のルーツ、伊豆松崎の「長八美術館」を訪ねるウォーク(?)です。
小淵沢からだと片道5時間弱。6時半に出発して11時15分頃到着しました。

バスの中で長八さんの作品集を見せていただいたり、美術館ができたいきさつなどを聞くことができて気持ちがだんだん盛り上がります!

途中恋人岬に立ち寄り・・・

これは「I Love You」という手話だそうです。全世界共通だとか?
(「あなたに敵意を持っていません」という意味もあるそうです)
手話が世界共通語だったらいいね~という声。
でも7割くらい?は、違う国の手話でもわかる・・・という話も聞いたことがあります?

さて、長八美術館!

モダンな建物です。

中の展示は下見の時も見ていますが、館員の方の説明で、前回とはまた違う視点を教えていただきました。
鏝絵の概念がすっかり変わる、というのは同じです。
どの作品も「職人」ということばと「芸術」ということばの(間にあるように感じる)溝を軽々と超えているように思えます。

40分ほどの時間はあっと言う間で、次は昼食!
美術館に後ろ髪をひかれながらも素直に(!)移動。

こちらも下見の時にちゃんと下「味」をしておいた塩かつおうどん。お刺身や桜海老のかき揚げ、お魚のカマ焼きなど、どれもおいしくて・・・ちょっとアルコールも頂いちゃいました。

このあと、中瀬邸からなまこ壁通り、浄感寺・岩科学校へ。

伊豆松崎は春を通り越して初夏の陽気。

色とりどりの花々は八ヶ岳の高原より2ヶ月は早いように思いました。

日帰りなのがもったいないような充実の松崎訪問でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA