山旅伝説に新たな1ページ・小日向山

きょうは3月3日ひなまつり。

というわけで、山旅さんがひなまつりスノーシューを企画してくれました。
なんだか、楽しそうじゃないですか!女性には特に楽しい特典?があるらしい。
行かねば!

行く先はブランシュたかやまスキー場の奥にある小日向山(高松山とも言うらしい)。
どちらも初めて聞く名前です。(山旅さんの山行は「初めて聞く」が多いです)

乗り合わせて3台の車で出発し1時間で到着。駐車場はなく、道路の端に停める。

林道からしばらく登った峠の名は・・・看板があり、星と書いてある・・・
星の次は・・・なんと「糞」!
あんまりじゃないですか!「星糞峠」なんて・・・

このあたりは黒耀石がよく見られるため、その黒く光る石を星の糞になぞらえた、ということらしい。それにしてもこの名前は・・・

山道に入ると雪をかぶった木々の美しいこと!

2時間ほどで広い笹原の頂上に到着!雪が舞ってきました。
さあ!ひなあられ・甘酒・チーズフォンデュ・ホットワイン、それを運んでくれる殿方・・・まさしく ♪きょうはうれしいひなまつり~♪ でした。

「帰りは一気に下りましょう」 山旅さんのこのことばで、ついていった先は・・・
えっここを下るんですか! という直下の道なき道。やっぱりね・・・

笹や切り株が出ているため尻すべりもできず、急坂を転がるように(!)50分、まっすぐ下りてきた林の先にはなんと山旅さんの車が真正面に見えてきたのでした。

ありえない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA