韓国旅行記 4日目 統一展望台

楽しかった韓国旅行も最後の日となりました。
きょうは9時半ホテル発。統一展望台に案内してくれることになっています。
板門店とはちょっと離れていますが、川(イムジン河)を隔てて北朝鮮が見えるそうです。

その前に、きのう自主観光組のFちゃんが「欲しかった楽譜とCDが見つけられなかった」と聞いたガイドさんが大きなCD店に連れて行ってくれました。
そこは「美しき日々」というドラマの舞台にもなったお店、ということでみんな?大喜び!(もしかしたら喜んでいるのはわたしだけ?だいたひかる風に・・・)
めでたく、お目当ての楽譜とCDをゲットすることができました。

統一展望台へ続く道は自由への道と名付けられているそうです。
霧が出て、北の国は霞んでうっすらと見える程度でした。

 ♪イムジン河水清く とうとうとな~が~る
  水鳥 自由にむらが~り 飛び交うよ
  我が祖国南の地 想い~は は~る~か
  イムジン河水清く とうとうとなが~る ♪

昔、フォーククルセイダースというバンドが歌っていた歌を思い出しました。

政治や歴史を考えると重いものがあるけれど、映画や音楽やテレビドラマやスポーツ・・・などが人と人を結ぶ架け橋の1つとなってくれるのではないか、と思いたいです。

ミーハー旅行が最後で締まったね!などと勝手に評価?

すぐその後には、おいしそうな湯気が上がっているおでんと饅頭に惹かれる・・・
おでんは、クシに湯葉のようなものやちくわのようなものを刺してある。味はおでんに似ている。(名前もオデンというらしい)

饅頭は北朝鮮のものだそうです。あんこは砂糖が少なくボロボロとくずれ、甘味もかすかに感じる程度。でも素朴でなつかしいような味でした。
 

最後の食事は、きのこと牛肉の鍋。うどんを入れてたべます。これはあまり辛くなく野菜もたくさん入り、おいしかった。ビールも1本頼みました。

空港へ行く前にお決まりの?観光物産店へ。キムチを1箱購入。

空港では日本と韓国の野球の試合をやっていました。
ガイドさんも、この試合が終わったら手続きをしますと画面に釘付け・・・


さあガイドさんともいよいよお別れです。4日間本当にお世話になりました。
またいつか会えるかな・・・
16時40分金浦空港を飛び立ちました。

2時間後羽田着。この後、羽田から新宿まで思いのほか時間がかかり、新宿駅に着いてから高速バス乗場まで大きな荷物をかかえてダーッシュ! 
息も絶え絶えに最終バスに乗り込みました。
小淵沢バス停にはペンションたんぽぽの粟田さんが迎えに来てくれていました。
   「ただいま!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。