最高のスノーシューで(冷や)汗

小淵沢ペンション振興会・ポレポレクラブでは年に5回ウォーキングのイベントを行っています。そのうちスノーシューが2回。
きょうはその1回目で清里のサンメドゥズスキー場のリフトを利用して1900メートル地点まで登り、そこから賽の河原まで行って、林の中を下ってくるコースです。
担当はペンションZOOMさん。30名の定員のところ、それを上回る申し込みがあったとのこと、相変わらずのスノーシュー人気です。

参加されたみなさんの心がけがいいせいでしょう天気は最高!山々が美しいです。
賽の河原から見る赤岳は大きくひときわ白く輝いていて、その懐に抱かれているような気持ちになります。

雪も十分。新雪は柔らかく、もぐる感触も楽しい。お尻すべりはやっぱり人気。お客様と一緒に楽しんでしまいます。\(^^;)/

と、喜んでいたのもつかのま・・・カメラが無い! 冷や汗たら~・・・
これは、あの勢い良く滑ったときに落としたに違いない・・・
 
探しに行ってくれた月下草舎さんはじめ、みなさんに心配をかけてしまいました。
あとで同じコースを歩いて探しに行きましょうと言ってくれた仲間たち・・・
みんなみんなありがとう・・・

リュックの奥に入っていました。たら~

申し訳ありません!!! m(_ _)m

やらせではありません?心からの反省写真??→ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA