我が大地のうた

きのう、ギターを抱えた「山ハゲさん」がきてくださって、夕食後恒例ミニ歌声喫茶?が始まりました。

(歌声喫茶と言えば、昨年12月に開店した八ケ岳界隈ただ1軒の?歌声喫茶「歌おう屋」さん。いろいろな方からうわさを聞くたびに、すぐにでも歌いに行きたい!と気がはやっている宴会部長=座長です。「近いうちに必ず行くぞ!」)

きのうの歌のなかで、初めて聴いた「我が大地のうた」。
もとは中津川フォークジャンボリー(何年前?)で笠木透さんという方が歌った(?)歌だそうです。その歌の「風路バージョン」を弾き語りで歌ってくれました。

 からまつ こめつが 針葉樹林
 かもしか 月の輪ぐま 走る稜線
 眼前に広がる南アルプスの山々よ 北岳よ 甲斐駒よ
 ふりかえれば 聳え立ち連なる八ケ岳の山々よ
 いくたびか春をむかえ いくたびか夏をすごし
 いくたびか秋をむかえ いくたびか冬をすごし
 ・・・・

まさしく「ここ」のことです!(月の輪ぐまの代わりにホンドリスにしてほしいかな?)

6月22日(金)が夏至の日でキャンドルナイトにする予定ですが、23日(土)もキャンドルの中でこのギターコンサートor歌声喫茶をやってみたい!と今、企画&依頼中。

午後からは風のたより春号の編集会議。外は春の陽気。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。