村長ありき

用事で東京まで出かけました。
行き帰りに「村長ありき」を読み直してみようと持参。駅のホームの待合室で読み始めました。
深沢晟雄さんが沢内村に帰ってきてからのところを読んでいたら、ついつい夢中になってしまい、ぱっと顔を上げてみたら、目に映ったのは特急あずさ!・・・
えっまさか!あわてて待合室の戸を開け、ホームから電車に乗ろうとしたら、無慈悲にもスルスルと閉まるドア!!!(TT) ガァ~~~ン! 指定までとったのに・・・

次の電車までの時間の長かったこと、トホホ・・・

でも「村長ありき」は行き帰りでかなり読めました。(やせ我慢)

やはり、医療費を無料にしようという決断をする場面、県の担当者から法律違反と言われるかもしれない、と難色を示されたときの村長のことば・・・かみしめながら読んでしまいます。

村長ありき” に対して2件のコメントがあります。

  1. 梟マム より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あずさの指定券を棒に振っても、おつりが出るくらいの「いい時間」を過ごされたのですね!!! Like

  2. 風路 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    マムさん、こんばんは!
    そう思うことにします・・・実際は「とほほ」なんですけど。
    でも電車に乗るときが一番本が読めるような気がします。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

きままや