「わだつみ平和文庫」その後

きょうは8月6日。朝、広島からの中継を少し見ることができました。
ちょっとだけ黙祷も・・・

きのうの山梨版にうれしい記事が出ていました。

大分前に、UTYで「わだつみの声よ永遠に」という番組を見ました。
「きけ、わだつみの声」という本を編集して世に出した中村克郎さんの集めた蔵書を多くの人に読んでもらおうと、病に倒れた克郎さんに変わって娘さんたちが私設図書館作りを決意、その苦闘を描いた番組です。
その番組を見て塩山にできたという「わだつみ平和文庫」を訪問させて頂いたときの日記です。
 ⇒「わだつみ平和文庫」
しかし、せっかく実現させたものの、消防法の関係?で継続するのが難しいとのこと、どうにかならないのかな~と思いつつ、月日が経ってしまいました。

それできょうの記事です。
多くの蔵書は無理なようですが、克郎さんのお兄さん・徳郎さんの日記などは甲州市中央公民館で常設展示されるとのこと、それはうれしい♪

中村克郎さんと、山梨平和ミュージアムの館長さんとは交流もあったらしい。
できれば近いうちにこの常設展も訪ねてみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。