茅野市笹原周辺の鏝絵巡り

猛暑の都会から帰ったばかりで、ウォーキングに行くのを少し迷いましたが、距離8キロなので、そのくらいなら・・・と参加することにしました。

茅野駅から路線バス!「路線バスの旅もいいね♪」の声あり。

糸萱(いとがや)という停留所で下車。680円。回数券7枚(1枚90円)と現金50円で支払うよう教えてもらいました。

早速、鏝絵発見。

鶴の首や羽が立体的です。

みなさん興味深そうに眺めています。

大黒様。

これも大黒様。

お蔵の梁も立派です。この両脇の装飾は若葉というらしい。

柱の横の木口。これも鏝絵?

途中の田園風景。晴れていれば、向こうに蓼科山が見えるとのこと。きょうは雲の中。

笹原公民館前の柳の大木の前で集合写真。ここから地元の方がガイドをしてくださるので、一緒に写真に入っていただきました。

山の神神社。この地区で最初に建てられた神社だそうです。日差しが強かったですが、この境内は木陰で涼しかった。

窓から亀さんがのぞいています。

壁が茶色になっている蔵が多いのは、戦時中、白壁だと目立つため、泥?を塗ったからだそう。

これは珍しい! ネコの鏝絵。この家のお嫁さんがネコ好きと聞いた左官屋さんの作品。

お昼は岳麓公園で。すぐそばを小川が流れていて、木陰が涼しくお弁当の場所にぴったり♪

公園内で集合写真。

恵比寿さまは珍しいかな?

最後に・・・一番上の鏝絵の大黒様が「踊っているみたい」・・・とみんなが話しているのを聞けば、もちろん踊らずにはいられない?・・・

この地区の鏝絵の半分くらいは小川天香さんの作品だそうです。天香さんは伊豆の長八の孫弟子にあたるとのこと、帰りに茅野駅近くの「鏝絵 天香館」見学しました。
充実の鏝絵シリーズ、まだまだ続きそうです?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。