栂池スノーシュー

もうきのうのことになりましたが、24日(火)八ケ岳歩こう会主催のスノーシューバスツアーに参加しました。
バスで日本海側に近づくにつれ、雪国という風情。
曇り空と雪野原との境目がよくわからないような風景が続きます。
今年雪の少ない八ケ岳では、もう少し降ってほしいと思っていますが、あまりにも多くの雪を見ると生活はたいへんだろうなぁ・・・と頭ではわかっているつもりでも改めて実感します。

栂池から白馬コルチナスキー場に移動してリフトを2本乗り継ぎ、1300mから歩き始めました。ふわふわの新雪でスノーシューがあっても埋もれるように歩き、転がり、お尻ですべり下りる長さも半端じゃない!
スノーシューの楽しさを堪能しつつ小谷村役場まで下りてきました。
最後はさすがにちょっと?疲れました。

きょうはプロのガイドさんを頼んでいたので、スキー場をはなれて森の中を下りてくることができました。個人ではとても行くことができないコースだと思います。

温泉にも入り、帰りのバスの中はビールやおつまみやお菓子がふるまわれ、まさしく大人の遠足でした♪ (K) 

標高差800m、9km、腰まである雪の中のスノーシューイングで、さすがに疲れ果て、家に帰ってから夜ご飯も食べずに崩れるように寝てしまいました。次の日、「あれ?きのう夜ご飯はどうしたっけ?」と相棒に聞き、呆れられてしまいました。食いしん坊の私にとって、信じられない!事態でした。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。