アオダモの花

去年、玄関前の1番目立つところに大きなアオダモの木を植えてもらいました。
今年になって芽吹くのが遅いような気がして気をもんでいましたが、今は涼しげな若い緑の葉が風に揺れています。
掃除をしようと2階に上がり、窓から外を見ると白いものが揺れています。
よくよく見ると、それはアオダモの花のようでした。ちょっと離れているので、双眼鏡を持ってきて覗いてみると白い繊細な花びら?が密生して素敵な花です。
写真をZOOMで撮ったので、良く撮れていたら?あとで載せます。
  まあまあかな?↓
その窓辺の棚に双眼鏡を置いておきました。
多分下からは良く見えないのではないかと思います。
アオダモとは別名コバノトネリコというそうです。
トネリコで思い出すのは、「満月をまって」という絵本です。これもおつきゆきえさんが読んでくれた本です。
聞いていて胸がいっぱいになり、このときもやっぱり、
「世の中にこんな素敵な絵本があったのか!」 と思ったのでした。
文ももちろんいいですが、バーバラ・クーニーの絵がとてもいいのです。
この本も置いてあります。良かったらどうぞ!

 
 「この『どうぞ!』とはどういうことだ?うちへ泊まりに来なさいと言っているのか?」
 とそばからツッコミが入りました!(^^;) (ハハハ、バレたか!・・・ うそ!) 
 連絡してくだされば通りがかりにでもOKです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA