手縫いのぬくもり・フルーツ(&野菜)バスケット

↑の作者(風路Sの母)が来ていました。

以前はハイキングも大好きでよく一緒に歩いたのですが、足腰が弱って今は家の周りから離れる時には杖が欠かせません。
駅の階段の上り下りは、エスカレーターやエレベーター無しではかなり厳しい。
だから小淵沢駅は厳しい。
でも小淵沢の新緑をとても喜んでくれて、毎日庭を歩いて木々や草花を見てまわっていました。

きのうは近くのランプスロッジさんのGATSライブに誘ってみました。
けっこう好奇心が強いので、乗ってくれるのではないかと思って。
「行ってみようか」 ・・・やっぱり♪ 
疲れたらすぐ帰れるからね、と言っていたのですが、休憩を挟んで最後まで聞いていました。「ちょっと音が大きいんじゃないかい」 (歌い上げるというか魂の叫びというか、そんな感じ?) 「昔公民館にボニージャックスを聴きに行って以来だね」 (こういうライブはもちろん初めて) 「『朝日の当たる家』なんか歌ってくれないかね」 (この歌は気に入っているみたいです。この日の曲にはありませんでしたが)
・・・手拍子?なんかもしていましたから、結構喜んでくれたようです。

来る時は一緒でしたが、きょうはホームまで見送り、あとは一人でなんとか帰ってもらいます。乗り換え駅がちょっと心配ですが・・・

上の写真の作品は風路ギャラリーへのおみやげです。
柔らかくて温かくてこういう手触りってすごくいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA