ユキノシタとスイカズラ

うちの前からお隣のペンションJ&JINNさんの前を通って散歩に行く途中で見つけました。
くまぶろなどでは拝見していましたが、自分の目で確かめたのは初めて?だと思います。
今、くまぶろを覗いたら、吸葛(蔓じゃないんですね?)であって西瓜面ではない、と書いてありました。西瓜だと思っていました!

相棒が、あれっ忍と冬じゃないか?・・・と広辞苑を持ち出してきました。
確かに すいかずら「忍冬」と書いてあります。

「すいかずらっていう歌があるじゃないか、ほら

  しのぶという字は難しい 心に刃を乗せるのね
  時々心が痛むのは 刃があばれるせいなのね~♪  っていう・・・」
 
知らないな・・・
 

通信もきのうがんばったので(桜井くんのおかげ?)3分の1=100通くらいはきょう出せそうです。

ユキノシタとスイカズラ” に対して2件のコメントがあります。

  1. くまぱぱ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    とわははは・・・勝手に作詞してませんか〜?(笑
    辞書ではスイカズラで索くと「忍冬」と出ますよね。
    これは、スイカズラに含まれる生薬としての薬効成分を「忍冬」と読んだからなんです。
    実は「ニンドウ」という別の植物がありますから、植物として呼ぶときには「忍冬」の文字はできれば使わない方が良いと聞きました。 Like

  2. kaze-michi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    曲も怪しいです・・・
    なるほど植物としては吸葛がいいんですね。
    Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。