ヒヨドリと共生の道?

歩こう会仲間のペンションペアハットさんの日記に「ヒヨドリがずうっと卵を抱いている」と書いてあって思い出しました。
あれは3年前・・・?
うちの西側のヤマボウシに巣を作って、やはり今の時期ヒヨドリが卵を抱いていました。
雨が降り続いてもじっと動かずに・・・
掃除をしつつ、2階の窓からその姿を見るたびに「健気なやつ・・・」と思ったのでした。

でもなぁ・・・ブルーベリーも惜しいし・・・

                これじゃあ効き目がありそうもないし・・・

やっぱりキンキラテープが現実的なようです・・・

きのう散歩に出かけたら、そばの小深沢川の流れが滝のようでした。
いつもは涸れていて、雪解けの頃と台風や大雨の後だけ流れる沢なのですが。
夕方、久しぶりに青空が見え日が差しました。思わず写真を撮ろうかと思いました。

ヒヨドリと共生の道?” に対して8件のコメントがあります。

  1. クララ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いつまで雨が降り続くのでしょう。
    今日、夫も、古仙川(何時も我々は水無し川と呼んでいる)を見に行ったら、水が流れていたと驚いて帰って来ました。
    せめて八ヶ岳には災害が起こる前降り止んで欲しいですね。
    ところでヒヨドリ、我が家でも今抱卵中です。土砂降りの中、巣を空っぽにしたりするので、我々じい、ばあの方が気が気ではありません。 Like

  2. kaze-michi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    クララさま、
    えっ健気でないヒヨドリもいるんですか!巣をからっぽにしていいのか!
    卵はどうなる!・・・って気が気じゃなくなりますねぇ・・・やっぱり。
    あちこち、いつもは流れていない川もかなりの水量で流れているみたいです。 Like

  3. 梟マム より:

    SECRET: 0
    PASS:
    小鳥たちは今子育てで大忙しですね。
    ヒヨドリ 褒め殺し作戦もだめですか・・・
    キンキラテープ作戦、私も試して見ます。
    秩父のときに買った5色のキンキラテープ、もう使わないと思って捨てちゃいました。残念!
    いいこと思いつきました!
    ブルベリーのそばでマツケンサンバやったらいかが?
    流石のヒヨドリも近づきませんでしょう・・・。 Like

  4. くまぱぱ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    いや〜マムさん、ヒヨドリじゃなくても近付きませんて。(笑 Like

  5. 座長 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    どこかから出演依頼があったような・・・?? Like

  6. 座長 より:

    SECRET: 0
    PASS:
     ひどぉぉぉぉぉlい! ヒヨドリじゃなくても! って。
     でも、もうそうとう昔に流行った歌と踊り(?)ですから。今時の人には「えッ!? それなんですか?」と言われてしまいそうで、最近は怖くて○○○を被ってキンキラを着て浮かれ騒ぐのは風路のダイニングの中だけです。でも、依頼があれば今でもどこへでも出かけていく用意は万全ですよ! Like

  7. かすみ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    マツケンサンバな座長とその様子に目が点になっているヒヨドリの場面を想像して笑ってしまいました・・・。^^;
    Like

  8. kaze-michi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    かすみさん
    冗談に聞こえないところがこわいです~・・・
    ほんとにやりそう・・・ Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。