平和をつむぐ人々

「小淵沢にはこんなに素敵なところがあるんです!」と紹介したい場所はいくつもあるのですが、そのひとつ、フィリア美術館
ここは風路から歩いて30分くらい。
行く度にその佇まいから、凛とした魂といったものを感じ、心洗われるような気持ちになります。
去年の大晦日にはここで吉永小百合さんが原爆詩画集『第二楽章』の朗読をしたそうです。残念ながら見損なってしまったのですが・・・

その清々しい小さな美術館で、今
「人物像」平和をつむぐ人々 丸木位里 丸木俊 
という企画展を開催しています。身近な人物デッサンを中心に展示しているそうです。
  
フィリア美術館のホームページより

  丸木夫妻は、「原爆の図」の描き手としてあまりにも有名です。
  反戦画家としてのみ 記憶されがちですが、このささやかな展示を通して、
  それぞれの作品の魅力、画家と しての技量や持ち味もあわせて感じて
  いただけますよう願っております。

  描く人、描かれる人、そして観る人・・・普通に生きる一人ひとりが平和の
  つむぎ手 となりますよう・・・・

9月10日まで。8月末位には行けるかな?

平和をつむぐ人々” に対して2件のコメントがあります。

  1. ペアハット より:

    SECRET: 0
    PASS:
    本日お話とコンサートがあったようです
    姫路からそのために来たというお客様が感激して帰ってきました。 Like

  2. kaze-michi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ペアハットさん、
    きのうフィリア美術館のホームページを見て、そのコンサートがあったことを知りました。きのうは行こうと思えば行けたんです!残念!
    きょうの新聞に「レバノンで空爆で子供ら54人死亡」というニュースが載っていました・・・ため息がでます・・・ Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。