空飛ぶだんご&かくせんそう  秋田旅行その1

秋田旅行のことを少々・・・
岩手県の厳美渓というところに空飛ぶ郭公だんごというのがあると聞いて・・・
もちろん買う人の列に並んだことは言うまでもありません。

まず谷のこちらがわから、たらいにお金を入れ木槌でカンカンと叩きます。

すると向こうのお店からたらいに乗って、ヒューと飛んでくるものあり。


お~速い!
来たぞ来たぞ♪

雨にもマケズ、首尾よくゲット!
みたらしとゴマと小豆あんの3本入り400円。やかんのお茶と紙コップも一緒に飛んできました!雨のため?だんごは袋に入っています。だんごの写真撮り忘れ。
味もおいしかったです。

宿は小安峡温泉鶴泉荘
きくとちょっとぎょっとします・・・一時名前を変えようとされたそうです。
でも鶴が羽を休めたという伝説からの由緒ある名前のようで、一度聞いたら覚えてもらえる(確かに)・・・でそのままとのこと。宿には鶴に関するものがあちこちに。

大きな窓から渓谷沿いの紅葉が見事。温泉も気持ちが良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

山燃える