新30キロコース開拓


毎年7月に行っている八ケ岳歩こう会主催の八ケ岳高原ブルーベリーとオオムラサキの里大会(名前が長いので短い通称を今検討中)は6キロ・12キロ・20キロの3コース。健脚のウォーカーからはもっと長いコースを!という要望が以前から多々あったそうです!?
今ウォーキングブームで全国各地でウォーキング大会が催され、30キロ・40キロコースがあるところも多いとのこと。11月に行われる一番大きなスリーデーマーチはなんと50キロというコースも!3日間毎日50キロ歩くという強者もいるらしい。
まあそこまではいかなくても、「30キロコースを新設することは考えてもいいのでは?これだけ豊かな場所に恵まれているのだから・・・」というわけで、きょうはその候補地を歩いてみます。
(きのうお泊りのお客様も「10キロなら歩いてみようかな」とおっしゃってくださったので、一緒に参加することになり、うれしいです♪)

具体的にはオオムラサキ大会の20キロコースを新しく10キロ分のばして、計30キロとする予定。歩こう会の健脚組は朝早くスタートして30キロ全部を歩きますが、私たちは途中から合流して新しいところ10キロ歩いて終わり。30キロ組はさらに10キロ歩いてゴールします。(つまりキセルの反対という訳)
小淵沢のビューポイントをいくつも通るコースですごく良かった!
来年の大会が楽しみです♪


一番上の集合写真は大滝湧水。下の左は神田のオオイトザクラ・右は八反部堰。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。