森拓治さんのウクレレの音色

記録映画「いのちの作法」全編に流れるのは西和賀町(旧沢内村)の風景に溶け込むようななつかしい音色。それがウクレレと聞いてびっくり。
ウクレレってハワイアンに代表されるような、「軽い」「明るい」というイメージでしたが、この映画で流れる音色を聴いてウクレレという楽器を見直しました。まさに目からウロコ。

その森拓治さんのウクレレ演奏のCDをお借りしてきました。映画主題曲が流れると最初のシーンが目に浮かびます。
7月5日も昼の部が終わった後で演奏してくださることになっているので、とても楽しみです。

記録映画「いのちの作法」のチケットをどこで購入できますか?というお問い合わせが多くなってきました。
小淵沢界隈の方は風路・フィリア美術館バウハウスさん・蔵屋グリーンズさん・かっこうさんに置いてありますが、長坂のきららの中の清文堂さん(本屋さんです)・長坂駅から徒歩5分の清文堂本店でも置いていただけることになりました。須玉・明野方面の方は須玉教育センターで購入できます。あと何ヶ所が増える予定です。

森拓治さんのウクレレの音色” に対して2件のコメントがあります。

  1. 多摩おば より:

    SECRET: 0
    PASS:
    映画のこと、お世話様です!
    大泉の図書館にもチラシがありました。この映画は、前から見たいと思っていたのですが、まだ行けるかどうか調整が付きません。協力できなくて、ごめんなさい! 
    Like

  2. kaze-michi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    多摩おばさん、ありがとうございます。
    図書館でチラシ見てくださったのですね。
    なんとか調整がついて見に来られるといいですね! Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。