うれしい贈り物

風路の庭のメンテナンスをお願いしている「ちっちゃな造園屋」小松さんが、休耕田を借りて米作りをします、と報告してくれたのは今年の春。先日5キロ入りの米袋を持ってきてくれました。
「わ~できたんですね!」
今年は初めてだったので、いろいろ思い通りにはいかないこともあったようですが、こうやってお米になってくれたら、それだけでうれしいでしょうね。
「自給率がぐんと高まりました」とのこと。
感謝していただきます。

そうそうびっくりしたのは、私たちのお気に入りのお店「釜山港」のママさんと知り合いで、開店準備も手伝ったそうです。繋がっているんですね~

→のお花はたんぽぽの粟田さんに連れていってもらったランの花を栽培している農家から購入したもの(手前)と分けていただいた色鮮やかな花々。名前は忘れてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。