甲斐駒せせらぎセンター

ありがたいことに、風路にも少しずつお客様がいらしてくださいます。
きのうも、「やっと来られた」とうれしいご挨拶。

きょうの朝、まわりを散歩されて、
「やっぱりここはいいですね~」
「今までは1年に一回位だったけど、これからはもう少し来られそうです」
と、これまたうれしいじゃありませんか!

きょうは入笠山に行かれるそうです。お花がきっといい時期と思います。
天気も上々です♪

まだまだ油断はできませんが、風路もこれから少人数のお客様を、蜜にならないようお迎えしていきたいと思っています。よろしくお願いしいます。

私たちは午後からは甲斐駒せせらぎセンターへ。
中に入ったのは初めてです。
この前頂いたチラシの「ふたつの故郷を生きる」というドキュメンタリー映画を見に行きました。
もう東電の原発事故から9年も経つんですね。
子どもたちを守りたいと避難してきたご家族の現状や支える人たちを追っていました。
住宅の補助も打ち切られ、避難している人は数字上ではもうほとんどいないことになっているそうです。土日もなく働いても多くは家賃に消えてしまうとか。福島の自宅の放射性物質を測ると、今でも避難先の6倍もの数値でした。

映画のあとの瀬戸さんの講演では、今のコロナ禍でも住まいを失う人が急激に増えているというお話がありました。仕事を失い、家賃が払えなくなれば、路上に出るしかない、今、毎日そういう人たちに声をかけ、とりあえずの住まいを提供して、生活の立て直しを一緒に考えていく活動をされているそうです。でもあまりに対象が多く、追いつかないとも。講演の間にも電話がかかってくるような状況でした。

困っている人に温かい手を差し伸べる・・・そういう町・そういう国になってほしいけど。
7月5日は東京都知事選挙ですね。東京が変わるとずいぶん違ってくるのではないかな・・・
しかし、テレビも新聞も都知事選挙のこと、ほとんど無視?
前回は小池さんのこと、ガンガンテレビでやっていたような気がしますが・・・???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。