360度の展望の山・飯盛山

きのうの雪で甲斐駒ケ岳も山頂は真っ白。青く輝いています。
こういう日は腰が浮いてしまって仕事が手につきません。

雪化粧した八ケ岳の写真も撮りたい、と飯盛山に向かいました。
途中の道の紅葉も素晴らしく、色鮮やかな林の中に日が差すと、あたりは黄金色に煌きます。

大泉あたりで白くなった八ケ岳の主峰赤岳が見えてきました。さすがの迫力です。
赤い橋周辺はもうほとんど葉が落ち、残った赤い葉が少々。
野辺山のJR最高地点から獅子岩へ向かいました。
駐車場で、車から降りた人に「こんな日は家にいられませんね!」と声をかけられました。
同意!

浅間山。噴煙が少し見えました。右奥に白く見える山塊は何でしょう?

金峰山と手前に瑞牆山。

北岳・甲斐駒ケ岳。

富士山も美しかった。
来た道を戻り、途中以前から気になっていた宮司の滝の標識の方向に下りてみました。20分ほど山道を歩くと車道に出、そこからさらに20分ほど歩いて駐車場に戻りました。

360度の展望の山・飯盛山” に対して5件のコメントがあります。

  1. 梟マム より:

    SECRET: 0
    PASS:
    連日のパノラマですね! 写真もすばらしい・・・すばらしい!!!
    飯盛山に行くって、手がありましたね。
    昨日は空いていたのに、、、でも急に用事が入って結局は駄目でしたが、
    飯盛山は午後からでもヒョイヒョイと行けるので私のお気に入りに入っていました。
    早速今日にでも行こうと思ったら、残念ッ! 雲が出てますね。 シュン Like

  2. kaze-michi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    マムさん、ヒョイヒョイと行きたくなる天気でした!
    でもそういうときに限って用事が入ったりするんですよね・・・
    雲がでているときは安心して?家の仕事に励みましょう・・・??
    Like

  3. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私たち夫婦が結婚して初めて登った山が飯盛山でした。16年前の4月はじめのことです。おそろしく展望が良かったのに、のんびりと眺めているわけにもいかないような強風だったことをおぼえております。まさかその後、この山の近くに住むことになろうとは考えてもいませんでした。人の運命とは面白いものです。この地に縁ができてからいったい何回登ったでしょうか。もっとも私の場合は平沢山で終わりにしてしまうことがほとんどなのですが。浅間山の東に見える白い山々は上越国境の山のようですね。いよいよ冬の到来を思わせます。 Like

  4. やまたび より:

    SECRET: 0
    PASS:
    名前が「や」になってしまいました。 Like

  5. kaze-michi より:

    SECRET: 0
    PASS:
    やまたびさん、飯盛山は記念の山なのですね。
    うちの記念の山はどこだろう、と考えてみたら鉢伏山でした。
    旅行雑誌で「温泉から温泉を結ぶ花の道」と紹介されていたので誘ったのですがえらく苦労して恨まれたことを思い出しました。
    上越国境の山・・・そうですか。そこまで見えるのですね。 Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。