八ケ岳から辺野古の海を想う

もしも
八ケ岳の山を削り、
広大な森を伐採し、
そこから爆弾を積んだ戦闘機が出撃していけるような滑走路を作る、
という計画が立てられたら・・・・

わたしはいやだなあと思いつつ、誰かが先頭に立って反対してくれればいいのに、と思っているだけじゃないかと思う・・・多分。

でも辺野古ではもう何日も座り込みを続けて反対している人々がいるという。
なかには70代、80代の方も。徹底的に非暴力を貫いて。

今、沖縄の辺野古に
自衛隊が出動したといいます。

八ケ岳の森や山野草を大切に思うように
魚やサンゴやジュゴン・・・

共に生きて行きたいと思うことは自衛隊を向けられるようなことですか?
自衛隊は何から何を守るのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。