六ヶ所村ラプソディー

来月10月12日(金)に長坂コミュニティホールで上映されます。
この前「日本の青空」を見に行ったときに、ポスターが貼ってあって知りました。

以前見たとき、この美しい村に押し付けられた巨大な核燃料再処理工場についてほとんど何も知らなかった、と思いました。映画を観てもまだ良くわからないことも多いですが、このままこの工場を本格的に稼動させてしまっていいのか?これは青森県の六ヶ所村だけの問題ではないのでは?・・・と感じました。

「政府は安全と言っているし、もうできてしまっているのだから」
「他に仕事がないのだから」 仕方がない・・・という気持ちになっている多くの人と、その中で数少ない反対し続けている人、それぞれの思いを丁寧に伝えようとしている映画です。

当日は監督の鎌仲ひとみさんのトークもあるそうです。
歌手のUAミニライブもあるとか?

八ケ岳での上映会のホームページができていると教えてもらいました。
ここで上の写真の大きな版を見ることができます。
六ヶ所村ラプソディーIN八ケ岳

明日から前売券が販売されるそうです。1200円の券が1000円になります。長坂のきららの中の写真屋さん、フィリア美術館、蔵屋グリーンズさんなどでも販売されているとのこと。そのほかにも何ヶ所か。

高校生は300円ですが、無料優待券もあるそうです。要チェック!
①13時~②16時~③19時30分~の3回上映です。どこかには行けそう。
トーク&ミニライブは15時~と18時15分~ これもできれば聞いてみたいです。
行きませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA